<写真特集>世界の4大「花の海」、江蘇省興化市に広がる菜の花畑

配信日時:2019年3月31日(日) 15時0分
画像ID  1078044
中国江蘇省出身の王喜根が、同省興化市に広がる菜の花畑をカメラに収めた。
中国江蘇省出身の王喜根(ワン・シーゲン)が、同省興化市に広がる菜の花畑をカメラに収めた。

興化市の菜の花畑は毎年3月末ごろに見頃を迎える。広さは1万3000ヘクタール以上あり、風に揺れる無数の黄色い花々が訪れた人の目を楽しませてくれる。興化の菜の花畑をプロバンスのラベンダー畑、オランダのチューリップ畑、京都の桜と合わせて「世界の4大『花の海』」と称する人もいるほどだ。

長江デルタ経済圏の北部に位置する興化市には2300年以上の歴史があり、そこには水郷の美しい景色が広がっている。考証によると、750年前、興化の農民は水中から取った土で畑を形成した。そこに作物が植えられ、現在のような絶景が生まれたという。(翻訳・編集/野谷)

●王喜根(ワン・シーゲン)
1954年、中国江蘇省揚州市に生まれる。中国新聞学院と南京大学(新聞伝播学)大学院を卒業。1971年から33年間、新聞社で勤務し、江蘇経済報の副編集長として活躍した後、退職。中国民俗学会、江蘇省作家協会、江蘇省撮影家協会の会員で、文学、民俗研究、旅行、撮影、京劇などの趣味を持つ。
おすすめ記事

SNS話題記事