<写真特集>韓国の超高層ビル、知られてないが実は面白くてカッコいい!

配信日時:2018年10月20日(土) 16時30分
画像ID  1034498
「子どもの頃から好きだった東京の超高層ビル群を生で見て写真を撮ろうと思い立った」。こう話すのは、札幌市出身の中谷幸司だ。
「子どもの頃から好きだった東京の超高層ビル群を生で見て写真を撮ろうと思い立った」。こう話すのは、札幌市出身の中谷幸司だ。

中谷は今月、写真集「超高層ビビル5韓国編」(パブリブ)を発表した。各ページを飾るのはソウル、仁川、釜山を中心とする超高層ビル、タワーマンションだ。

刊行に当たって現地を3回訪れたという中谷は、「最近の超高層ビルは高さも棟数も中国が先に行っていて、韓国の建物が日本で注目されることはほとんどない。仁川、釜山が近未来都市のような光景になっていることもあまり知られておらず、超高層ビルマニアの自分自身も韓国に撮りに行こうと調べるまではロッテワールドタワー以外の建物をほぼ知らなかった」と振り返る。写真集にはメジャーな建物から、「日本人観光客でこれを撮りに来たのは自分が初めてでは?」と思えるマイナーな建物まで収めたそうだ。

写真集に込めた願いについて、中谷は「韓国の超高層ビルの面白さや格好良さが少しでも伝わればうれしい」と語った。(編集/野谷)

●中谷幸司
1977年、北海道・札幌生まれ。子どもの頃から好きだった東京の超高層ビル群を生で見た時、写真を撮ろうと思い立った。日本全国の超高層ビルを撮り歩いているうちに、海外にも行くように。普段はプログラマーとして仕事をしているが、週末は超高層ビルにシャッターを向ける日々を送っている。
おすすめ記事

SNS話題記事