<サッカー>「日本は繊細さを捨てた」「極度の実利サッカー」韓国メディアが厳しい指摘

配信日時:2019年1月25日(金) 12時30分
<サッカー>「日本は繊細さを捨てた」「極度の実利サッカー」韓国メディアが厳しい指摘
画像ID  1062124
24日、サッカーのアジアカップ準々決勝が行われ、日本代表はベトナム代表に1‐0で勝利した。この試合について、韓国メディアは「日本は繊細なサッカーを捨てた」などと報じている。
2019年1月24日、サッカーのアジアカップ準々決勝が行われ、日本代表はベトナム代表に1‐0で勝利した。この試合について、韓国メディアは「日本は繊細なサッカーを捨てた」などと報じている。

日本は前半24分に左コーナーキックを獲得。MF柴崎のクロスをDF吉田がヘディングで押し込みゴールネットを揺らしたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によりシュートが腕に当たったと判断され、ゴールは取り消された。一方、0‐0で迎えた後半8分、MF堂安がペナルティーエリアで相手選手に倒されるも、プレーは続行。しかしその後VAR判定となり、日本がPKを獲得。堂安が自ら決め、これが決勝点となった。

多くの韓国メディアが日本の勝利を伝えているが、試合内容については厳しい見方を示している。韓国のサッカー専門誌・ベストイレブンは「日本サッカーといえば短いパスをつなぎ、狭いスペースを素早くすり抜けるイメージ。力強さはないが、繊細なサッカーを目指す地道な哲学から生まれる独特な色を持っていた」としつつ、今回の試合について「日本は繊細さを捨てた。安定感を追求したためにベトナムの固い守備ブロックを崩せなかった」と説明。さらに「先制ゴールを決めた後はさらに楽に試合を運んだ」とし、「ベトナム選手の体力が急激に落ち、その分守備が甘くなったため、日本はより簡単に、望んでいた単純に蹴り込むサッカーができた」と伝えている。

デイリーアンは「日本はファンたちに嘲弄されながらも平気で極度の実利サッカーを続けている」と伝えている。先制ゴールを決めた後に「サッカーの面白さがなくなった」とし、「日本選手たちはハーフライン付近でボールを回して時間を稼ぐ“実利サッカー”を始めた。中東の国の選手がピッチに寝転んで時間を稼ぐ“ベッドサッカー”をするのと同じ。方法がパスになっただけ」と指摘。また「体力が温存できるなど得るものも多いが、同じくらい失うものもある」とし、「日本の戦術にはサッカーファンからブーイングが起きるなど厳しい視線が注がれている」と伝えた。(翻訳・編集/堂本

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事